$yuzu->log();

技術ネタなど。

FXシステムトレードフレームワーク Jiji をCentOS7にセットアップ

FXシステムトレードフレームワークJiji」のセットアップメモです。

「Jiji」のドキュメントにはHeroku、AWS、Dockerの3つの方法が載っており、前者2つは詳細に説明が書かれていますが、3つ目の「Dockerにインストール」はパッケージインストールが省略されています。

この記事はCentOS7での1からのセットアップ記事です。誰かの参考になれば。

Docker、Git、docker-composeのインストール

# システムをアップデート
$ sudo yum update -y

# Gitのインストール
$ sudo yum install -y git

# Dockerの最新版をインストール
$ curl -sSL https://get.docker.com/ | sh
$ docker -v
Docker version 1.10.2, build c3959b1
$ sudo systemctl start docker
$ sudo systemctl enable docker
$ sudo usermod -a -G docker YOURUSERNAME

# docker-composeをインストール
$ curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.6.0/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` > /tmp/docker-compose
$ sudo mv /tmp/docker-compose /usr/local/bin/
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

docker-compose設定ファイルのひな形をチェックアウト

$ git clone https://github.com/unageanu/docker-jiji2

オレオレ証明書の作成

# スーパーユーザにスイッチ
$ sudo su
# jiji用のディレクトリ作成、移動
$ mkdir -p /etc/ssl/certs/jiji
$ cd /etc/ssl/certs/jiji
# 秘密鍵を生成
$ openssl genrsa 2048 > server.key
# CSRを作成
$ openssl req -new -key server.key > server.csr
# サーバー証明書を作成
$ openssl x509 -sha256 -days 365 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt
# アクセス権を制限
$ sudo chown root.root server.key
$ sudo chmod 600 server.key
# スーパーユーザから抜ける
$ exit

docker-compose.yml の編集

vim ~/docker-jiji2
jiji:
  container_name: jiji_jiji
  image: unageanu/jiji:latest
  environment:
    # サーバー内部で秘匿データの暗号化に使うキー
    # 必ず変更して使用してください。
    USER_SECRET: 20e43fa41e75c9fe958f5f11bc9e79d2174b50b
  links:
    - mongodb

mongodb:
  container_name: jiji_mongodb
  image: mongo:3.0.7
  ports:
    # MongoDBのポート番号
    # 必要に応じて変更してください。
    - "27018:27017"
  volumes:
    # MongoDBのデータを保存するディレクトリ
    # デフォルトでは、コンテナ内に作成します。(この場合、コンテナを再作成すると、データが初期化されます)
    # コメントアウトしてパスを設定することで、ホストマシンの任意のディレクトリに変更することができます。
    # './' で始めることで、docker-compose.ymlからの相対パスで指定可能です。
    # - ./path/to/data/dir:/data/db

nginx:
  container_name: jiji_nginx
  image: unageanu/jiji-nginx:latest
  links:
    - jiji
  ports:
    # Jijiのポート番号
    # 443に変更します
    - "443:443"
  volumes:
    # SSL証明書のパス
    # './path/to/server.crt' にサーバー証明書、
    # './path/to/server.key' に秘密鍵を指定します。
    # './' で始めることで、docker-compose.ymlからの相対パスで指定可能です。
    - /etc/ssl/certs/jiji/server.crt:/etc/nginx/cert/ssl.crt:ro
    - /etc/ssl/certs/jiji/server.key:/etc/nginx/cert/ssl.key:ro

Dockerコンテナ起動

$ sudo /usr/local/bin/docker-compose up -d
Creating jiji_mongodb
Creating jiji_jiji
Creating jiji_nginx

アクセス

https://<インストール先ホスト>:<docker-compose.ymlで設定したJijiのポート/デフォルトは8443>
広告を非表示にする